11ヶ月の赤ちゃん

11ヶ月の赤ちゃんは短時間自分で立つことができた上、何かをつかまって歩くこともできるようになります。
親指と人差し指を合わせて物も掴むことがもっとスムーズになります。

おいしい食べ物を掴んで口に入れたら、うれしくて拍手することもよくあります。
新しいことができたら、赤ちゃんも喜びます。

この時期の赤ちゃんは布団で隠されたおもちゃを見つけることができます。
意識して、パパに「パパ」と呼び、ママに「ママ」と呼ぶようになります。

初めて赤ちゃんに呼ばれて、親も喜ぶのでしょう。
また、赤ちゃんに服を着させる時、手や足を伸ばしたりして、大人の行動に合わせるようにします。

赤ちゃんは音楽が好きで、いろいろな種類の音楽を聞かせたほうがいいです。
ただ音量が大きすぎないように注意しなければなりません。
この頃になると、ある程度のひとり遊びが出来るようになります。

とは言え、ひと時も目を離すことは出来ませんが。
大人の私たちが予想もしない行動を、平気で悪気なくやるのが乳幼児ですから、気配りは欠かせないですね。

そもそも親の役目は、「しつけ」にばかり囚われてはいけないですよね。
世の中には「しつけ」すら出来ない、あるいは間違った「しつけ」を間違いとは知らずにやってしまう無知な親もいるわけですから、まずは行動を観察して危険を回避してやるだけでもいいのではないでしょうか。

安全確保の車検を自宅出張
危険が潜んでいないかを隅々までチェック。愛車の車検は自宅出張が便利。

いろいろな職場がある
ネットワーク化で拠点勤怠管理集約
パソコン一台あればハードウェアやパッケージライセンスの追加もほぼ不要な勤怠管理システムがおすすめ
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«