洗濯

最近、タオル・おしゃれ着・普段着という風に洗濯物の洗い方をきちんとわけることにハマっています。

最初は面倒でしたが、慣れと言うものは貴重で、しかも生産性が上がるのか、気にならなくなってきました。

実家や一人暮らしの頃は、本当にO型全開で、かなり適当だったので、タオルの触り心地はあまりよくなかったし、セーターは毛玉ができてしまったり、下着はよれてしまったりということがしょっちゅうでした。

将来的に家庭を持ち、家族が着る物を洗濯しているということを考え出した時、「あータオルがごわごわだな」、「これはもっと着れたはずなのにな」、などと思うことが多くなったんです。

それから、洗濯表示をきちんと見るようになり、こんなにも洗い方に違いがあったのかと驚いたほどです。

洗濯機を回す回数は増えましたし、手洗いすることもあって面倒ですが、1回の量が少ないので、エコな回し方ができていますし、何より仕上がりが気持ちいいので、これからも続けると思います。
独り暮らしだから出来ることですが、どうすれば倍の洗濯物をこなせるか?

今から妄想逞しく、流行りませんが花嫁修業に勤しみたいと思いますね。
家事手伝いとか花嫁修行中とか、考えてみると単に無職なだけなんですね、話は突然変わりますけど。

社会貢献して無いのに、のうのうと生きるのは、私の主義には当て嵌まらないので、しっかり働いて稼いで税金を納める身分でありたいです。

«
»