欧米に行ったら遠慮なく伝えよ

以前英語の先生から聞いた話です。
欧米人の友たちの家に行った時、「コーヒーを入れましょうか?」と聞かれましたら、ご遠慮なく、本当の気持ちを伝えばいいです。

本当にほしいなら「お願いします」と、要らないなら「大丈夫です」と答えます。
また、コーヒーではなく、お茶やジュースなど、ほかの物がほしいなら、聞いても大丈夫だそうです。

日本や中国では、他人にご迷惑をかけないように、ほしくても「大丈夫です」と言うかもしれません。
その時、主人側は断られても、何か飲み物と出すのが普通でしょう。

欧米では、断られましたら、何も出してくれません。
このような文化や習慣の違いをよく理解し、欧米人と付き合う時も余裕を持てるのでしょう。

インターネットでの情報伝達も、曖昧では困ることがあります。
インタネットの時代にメッセージを広げるスピードは非常に速いです。
昔情報がそれほど発達していなかった時代に、メッセージの伝えは非常に遅かったです。

テレビが発明されて、ニュースがあった時代に、前日発生したことやお昼に発生したことは夜のニュースを通して国民に知らせました。
インタネットが普及された今は、何十秒前発生したこともインタネットから捜索できるぐらいです。

情報伝達の速さはよく利用されています。

先日グループメッセージの中、人探しのメッセージがありました。
公園で一緒に遊んでいた子供が見つかりませんでした。
自分でどこに行ったのか、誰かに連れて行かれたのか、もちろん警察にも通報しますが、インタネットを利用して子供を探しています。

肉を食すること
新鮮な精肉をお届けする食肉卸会社
最高ランクの品質の和牛がご家庭で食べられる。ヘルシー志向に最適。
meat-kimura.co.jp/

«
»