パソコンから目への影響

昔テレビが出た時期、目に悪いと言われました。現在になって、テレビだけでなく、パソコンの影響も注意しなければなりません。
中学生時代、左目が悪くなりました。

その時、まだ右目がよかったので、めがねを買ってもあまり使いませんでした。
高校、大学、日本の大学院卒業まで、その状態が続きました。

しかし就職後、事務職なので、朝から晩までほとんどパソコンの前の状態でした。
しかも数字チェックがほとんどでした。

ファックスで来た紙の上の数字をパソコンに入力したり、数字をチェックしたり、細かい仕事ばかりでした。5ヶ月未満の仕事でしたが、右目も悪くなりました。
現在左目と右目はあまり差がありません。

今3メートル離れてテレビを見ると、字幕が全然見えない状態です。
目を使い過ぎなかったらと悔しい気持ちいっぱいです。
定期的に目薬を使って、目の疲れを取るなどの自分で出来る事さえもしなかったのが後悔されますね。

今は、OA作業向けの目薬も市販されているので、積極的に活用なさると目への負担は、幾分か和らぐことでしょう。
視力は年齢と共に衰えていくわけですが、情報社会の現代では、目を酷使する環境に置かれています。
積極的なケア無くして、目の健康は維持出来ないのではないでしょうか。

パソコン操作の姿勢によっても大きく影響があるようですから、正しい姿勢を身につけましょう。

パソコン操作の最中に咥えタバコは厳禁であり、例え、新発売の電子タバコであっても、集中して作業するべきです。

«
»