山笠で賑わう博多

7月、博多の街が男衆の熱気で活気付く。
博多祇園山笠は、三大祇園祭りとして全国に広く知られている。

博多祇園山笠の由来は諸説ある。
1241年に疫病を除去するため、祈祷水を撒いたことから始まったという説が有力だ。

さらに山笠の最大の見どころとも言われている追い山。
これは最初からあったわけではなく、山笠が行われるうちに、いざこざのあった恵比寿流が土井流を追い越そうと走り出したことが始まりとされている。

祭りは時代と共に変化を遂げてきたのだ。
現在の山笠は7月1日に飾り山が街中に披露され、7月13日の集団山見せを行い、15日の追い山で一番山から櫛田神社に入るタイムを競う。

この追い山は午前5時から行われるにも関わらず、多くの観光客を楽しませている。
飾り山を見ると夏の訪れを感じる。
それほどまでに山笠は浸透している。

また、その数は14ヶ所、表と裏で28種もある。
市中にある飾り山を見て回り、男衆の活気ある追い山を見れば、ひと夏を乗り越えられるほどの元気すらもらえる。
企業によっては「山笠休暇」なるものが、暗黙の了解で認められることもあるという。

逆に山笠に参加しなければクビだという社長もいるらしいので、それはちょっとやり過ぎの感も。
それだけ地元愛が強いという証明かもしれませんし、単なる都市伝説かもしれませんが、こうした云われがより一層、全国に響く祭りとして評価されるのかなとも思いますね。

いつも車で現地に向かうので、車検を完了してから、次の開催を待ちたいと思います。

«
»