ジェネレーションギャップ

人間の生態というのは20~30年の周期で世代交代が行われているものらしいです。
親の世代、子の世代、孫の世代となるわけで、それぞれに考えることも違ってくる場合には対立が生じてしまう場合もあります。

それがジェネレーションギャップというものですね。
それでは年齢に因らない共通性というものはないのでしょうか。

共通意識というものはあるはずですが、そういったものが巧く伝わらず、コミュニケーションが滞ったりする場合、ギャップによる悲劇が引き起こされてしまいます。
どちらも正当性を主張して譲らなければ対立は深刻なものになりかねません。

そんな場面に遭遇したことはないでしょうか。
またそのようなときにどう行動するべきでしょうか。

子育てに関しては、反抗期と言われたり思春期などの難しい時期に、ジェネレーションギャップによる影響は少なくないはずです。
親というブランドを掲げて、上から抑えつけても納得はしないのは当たり前です。
(日本ブランドの無煙電子タバコ)

時代も違いますし、環境も違うし、人格も違うので対応に正解はありません。
思考錯誤しながら進むしかないのです。
怒りに任せて命令するばするほど、思春期の子どもらは大きく反抗します。

場合によっては、一生のトラウマにも成り兼ねないので、シンドイと思ったときは広く同じ体験をした人などから話を聞いてみることが、最も解決の早道ではないかと思いますね。
インターネットなどの共通の話題があれば、それが突破口となることもあるでしょう。

«
»