発想力こそビジネス力

社会人になる前、仕事に必要なことは、まずはビジネスマナーだと思い、秘書検定を勉強したことがあった。
しかし、実際に社会に出て感じたことは違った。
仕事において必要なのは、発想力だ。

これは企画や提案などの特殊な職種だけでなく、全ての仕事に当てはまる。
一般事務も当てはまるのだ。

例えばこうだ。
今度はあの会議がある。
そのためにはこの資料が必要だろう。

あの数字をまとめていよう。
という具合だ。

このように仕事をしていれば、それ以上のことを求められたことも対応ができやすい。
もしここで発想力が無かった場合、言われた仕事を言われた時にすることになる。

それでは時間の無駄になり、それ以上の仕事はできなくなる。
当然、効率も悪くなる。

仕事に対してベストを尽くすことは当然だ。
発想力を活かすことによってベストな仕事ができるのであれば、さらに磨くべきであろう。

そして、ある時思いついたことが、大きなビジネスチャンスを作ることに発展する可能性も秘めている。
常に磨いておきたい力だ。
創造力があれば、どのような局面でも打開できるだろう。

今あるものを改善する能力と、新たに何かを生み出す能力の両方が備わっていれば、どういう仕事でも対応が可能だ。
ただし、出る杭は打たれる日本の文化では、こうしたアイデアは古い人間の既得権益や保身のため潰されることが多いのが、ある意味では、不景気を引き出しているのかもしれない。

日中宅配便の違い

日本の宅配便は発達していて、日にちの指定はもちろん、時間帯の指定もできます。
宅配便の会社により、時間帯の分類が違いますが、一番細かい時間帯分類は午前中(9時~12時)、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~21時になります。

自分の都合により、希望時間帯を選択することができます。
また、遠い場所でも、3,4日間ぐらい到着できます。

中国では、宅配便の日にち及び時間帯の指定がほとんどできません。
家に人がいない時、配達員から電話をかけてきます。
連絡が取れないなら、改めて配達してくれます。

荷物の状況を確認したい場合、オンラインで調べることができて、宅配便会社に電話してもいいです。
また、荷物のチェックは配達員の目の前でしたほうがお薦めです。

サインした後、荷物が足りなかったり、壊れたりしたら、誰の責任なのかがわかりませんので、売り手や宅配便会社と交渉しても、賠償してくれないかもしれません。
(自家用社用どちらもOKさくら車検)

オークションの利用者増加で小口の海外からの発送も多くなっているようですね。
中古品の売買においては、税関を販売者が手続き代行してくれることで、購入者の配送費負担は大きく現象していることでしょう。

販売者にとっては商品が売れることが利益につながるわけですから、販売と購入の間の物流コストの逓減が個人間取引の増大に繋がっているのでしょう。

大金を稼ぐ
東京都の年末ジャンボミニ1億円売り場
東京都内だけでも年末ジャンボ宝くじミニの1等を出した宝くじ売り場は20店舗近くに上っています。チャンスは誰にでも。
www.hpfree.com/engeki/
関連:www.expansion-financiera.com

«