自分に必要な情報の選択

スマートフォンという言葉は、少し前からよく聞かれるようになった。
従来の携帯電話のようにボタンがなく、代わりに画面を触ることによって操作をする。
では普通の携帯電話と何が違うのだろうか。

スマートフォンを利用する上で重要になるのが、アプリケーションだ。
アプリと略される。例えば、いつでも天気を知りたいと思うのなら、天気予報のアプリをダウンロードして、自分のスマートフォンの中に入れる。

するとそのアプリを活用して、最新の天気をいつでも知ることができる。
また、天気予報のアプリだけでも様々な種類がある。

自分の知りたい情報、自分の使い方を考えながら、アプリを選別する。
これを繰り返してスマートフォンの中のアプリを充実させる。
それによって、利用者独自の情報機器が出来上がる。

スマートフォンとはいわば、小さなパソコンだ。
それを自分の利用に合わせてカスタマイズすることができるため、様々な人に受け入れられた。

普通の携帯電話と比べれば、より自分にあった情報を手に入れることができる。
是非とも活用したいものだ。
ただし、スマートフォンは敷居を高く感じられることもあるようだ。

要するにカスタマイズは面倒で難しいものであるという思い込みによって、自らハードルを上げてしまっていることが多い。
カスタマイズは一度で完了するわけではなく、使っていくうちに、少しずつ改善するつもりが丁度良い。

«
»