海外旅行での怖いアクシデント

日本を取り巻く環境でテロがこうまで注目されていなかった頃、私は仕事やバケーションで海外旅行に頻繁に行っていました。
仕事でロンドンに行った時の事です。

オフの日に時間があったので、市内観光をする事にしました。
勿論ロンドンと言えば、2階建てバスです。
あのまっ赤なバスに一度は乗ってみたいと思っていました。

有名デパートのハロッズの前を通過した時の事です、近くに停車していたバスが炎上し、消防隊の方が放水していました。
ガイドさんの話ではテロリストの仕業だそうです。
でも、どうして都合よく消防隊がいたのか不思議だったのですが、ガイドさん曰く、ほとんどのテロリストは予告をするそうです。

今回のバスの爆破も予告済ってことです。
ある意味ジェントルマンです。
帰りの空港でもトイレに爆弾を仕掛けたと予告があり、私達は2時間空港に缶詰状態でした。

爆発物は無事に発見され、日本行の飛行機に乗れました。
本当に怖い海外旅行となりました。
ニュースにならない事件や事故って、本当にたくさんあるんですよね。

新聞だけでは伝えられないことを、今では、インターネットでのソーシャルメディアが担ってくれています。
もちろんテレビやラジオなどの既存メディアもありますが、速報性等で比較するのではなく、情報を得る人がたくさんの選択肢があるということが貴重です。

誰もが情報が得られることが大事なんですよね。

その忙しさは仕方ないのか?
勤怠管理システムでペーパーレス化
タイムカードを手書きで集計する時代は終わり。ペーパーレス化によって労力とデータの正確性と保存性は格段に向上。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«
»