着物の着付け

ゴールデンウィークに従兄弟の結婚式がある。
大阪であるため、前の日から姉と向かうことになった。
私にとっては同い年のいとこであり、姉にとっては弟のような存在だったからすごく嬉しい。

嬉しさあまって、振り袖を着て参列しようということになった。
といっても姉は30歳手前で独身のため、訪問着を着ることになったのだが。
大阪での着物の着付け、知り合いの美容師さんがあちらにはいないため、急遽探すことになった。

式場での着付けはかなり高額になると聞いていたため、近隣の美容室を中心に当たってみた。
すると、大阪市の中心部の式場のためか、着付けをできる人がいる美容室がほとんどない。
だいぶ検索してみたが全く見当たらないため、出張着付けサービスをお願いすることになった。

ベテランの方に、宿泊しているホテルの部屋に着ていただき、着付けとヘアセットを予約した。
式場の美容室の半分の値段で出来ることもあって、しかもホテルの部屋で出来るので移動の手間も省けてお得な気分だ。

結婚適齢期ということもあり、友達や同僚の結婚式が続いているが、親族の結婚式に参列するのは、記憶がある限りでは初めて。
母親が言うには、幼稚園に入る前に一度参列したことがあるそうだ。

今度の結婚式には、ほとんど子供がいないそうで、料理のチョイスに苦労しなかったと言っていた。
建物の大部分が吹き抜けのある大きなチェペルになっていて、披露宴会場が二つあるよう教会で執り行われるとのこと。

久しぶりに大阪に行くことと、振り袖を着ること、従兄弟のお嫁さんに初めて会うこともあり、今からゴールデンウィークが楽しみである。

«
»