サラリーマン向けの英語勉強方法

我々の生活には英語の使用が多いです。
特にサラリーマンとして、仕事の時に英語を使うことがよくあるのでしょう。

しかし、卒業後数年間を経つと、覚えているのは日常用語のような簡単な英語だけでしょう。
では、暇があれば英語を勉強しましょう。

勉強している間、「もう続けない、疲れた」など、心が英語を抵触するようになったら、無理しなく休んでもいいと思います。
単語を暗唱する時、単に単語を覚えようとするのではなく、センテンスや文章に合わせたほうが覚えやすいと思います。

センテンスや文章を読む時に、何かわからない単語があったら、辞書を引くので、その際単語を覚えます。
長い時間の勉強より、毎日5~6センテンスぐらいを覚えたほうがいいと思います。

時間が長すぎると疲れますので、最後に何も覚えられない状態になってしまいます。
元々日本人は、英語に対して若干アレルギー反応があるようですから、これを克服するには技術云々ではなくて、本人のやる気だけの問題なんですよね。

英語アレルギーの発症は、実は、公教育のやり方に問題があるような気がします。
文法ばかりでは、ちっとも楽しくないですよね。
日常会話を英語で話すということを、一年間でも徹底的にやって、文法的におかしいところは座学で確認する程度で良いのではないでしょうか。

赤ちゃんが日本語をマスターするとき、文法を学びますか?

«
»