図書館とレンタルショップ

佐賀県武雄市にある図書館が生まれ変わってオープンしたというニュースを見ました。
これまでのような、市の職員が係員として常駐しているのではなく、運営を民間に委託した新しい形の図書館として注目を集めています。

運営を行うのは、有名レンタルショップチェーンを経営する会社。
図書館とは違い有料でCDやDVDのレンタルを行ってきたこの会社にとって、何かを貸し出すことの業務についてはお手の物。

図書館としての本の貸し出しだけではなく、関連書籍の販売や雑貨などを行うそうで、かなり行ってみたい図書館です。
建物にもこだわり、高い天井はまるで美術館や大型の博物館のよう。

こんなところで本を選ぶという至高の休日を過ごしてみたい。
しかし、いくつか法の壁があるそうで、貸し出す本と関連した販売用の本を同じ棚にレイアウトするのは禁止されているようで、棚の表には販売用、裏には貸し出し用といったレイアウトがぎりぎりのラインらしい。

それに関しては、もっと柔軟な法整備が必要だと武雄市の市長が力説していました。
そんな細かい規定があるなんて知りませんでした。
図書館は最近利用していないけど、10代の頃は良く行っていた。

超有名な文学本だとたくさんあるが、話題の作家が書いた新書が貸し出し可能になるには時間がかかるため、文庫本が発売されるときに購入するようになった。
それから図書館からはなんとなく足が遠のいていたけど、本屋とは違う独特の匂いや時間の流れ方がある図書館は好きだな。

利用者が減少しているという図書館は全国にたくさんあると思うけど、武雄市のように民間委託で運営してみると、興味半分から足を運び、図書館に行くのが楽しい毎日になると思う。

«
»