リフォームローンとリノベーションローンの違い

マンションであれ戸建てであれ、新築であればわりと簡単に組める住宅ローン。
中古物件も同じようにローンを組むことができますが、問題となるのがリフォーム資金。

新築物件と違い中古物件はリフォーム済物件を購入しない限りなんらかの手を加えてから住むことになります。

本当なら中古物件をリノベーションして自分の理想に近い住居に住みたいと思っていても、大きな金額が必要になる半面ローンが組めないため、相当額の現金を用意しておかなければならず現実問題としてあきらめるしかありませんでした。

従来のリフォームローンでは、何年か住んでから後でないとリフォームと認められずローンが組めなかったのです。
最近出始めたリノベーションローンであれば、物件購入時にリノベーション費用を含めてローンを組むことができます。

ただし条件がありますので、よく理解してから物件探しをすることをお勧めします。
不動産価格の下落で、売りたくても売れない状況の中、マイホームという言葉は衰えません。
それだけ価値が認められているのでしょう。

昔は、マイホームを建てて一人前と言われて、若くして住宅を購入するサラリーマンもいたようです。
もちろん社畜として定年過ぎてまでローンを払うというリスクを背負うわけですが、なぜか、給料が上がる前提で事を進めているのも不思議でした。

そして今、上がらない給料に家計が逼迫する世帯もあり、自宅を売って更に返済もしているという事も多くあるようですね。

«
»