日中宅配便の違い

日本の宅配便は発達していて、日にちの指定はもちろん、時間帯の指定もできます。
宅配便の会社により、時間帯の分類が違いますが、一番細かい時間帯分類は午前中(9時~12時)、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、20時~21時になります。

自分の都合により、希望時間帯を選択することができます。
また、遠い場所でも、3,4日間ぐらい到着できます。

中国では、宅配便の日にち及び時間帯の指定がほとんどできません。
家に人がいない時、配達員から電話をかけてきます。
連絡が取れないなら、改めて配達してくれます。

荷物の状況を確認したい場合、オンラインで調べることができて、宅配便会社に電話してもいいです。
また、荷物のチェックは配達員の目の前でしたほうがお薦めです。

サインした後、荷物が足りなかったり、壊れたりしたら、誰の責任なのかがわかりませんので、売り手や宅配便会社と交渉しても、賠償してくれないかもしれません。
(自家用社用どちらもOKさくら車検)

オークションの利用者増加で小口の海外からの発送も多くなっているようですね。
中古品の売買においては、税関を販売者が手続き代行してくれることで、購入者の配送費負担は大きく現象していることでしょう。

販売者にとっては商品が売れることが利益につながるわけですから、販売と購入の間の物流コストの逓減が個人間取引の増大に繋がっているのでしょう。

«
»