モータースポーツ

10数年前、父に連れられて鈴鹿サーキットでF1を見た。
耳を劈く爆音と目の前を通り過ぎるスピードにとりこになった。

まだ小学生だった私は、将来F1のパイロットになると本気で言ってたものだ。

あれから10数年後、日本の自動車メーカーはリーマンショックの後F1界から去り、ついにブリジストンも今年限りだという。
ファンにはとっても悲しい出来事だ。

やはり日本でF1はポピュラーに離れないのだろうか。
海の向こうで一人戦う日本の青年に賞賛と激励を贈ろう。
他のスポーツでは、日本人が諸外国で活躍中なのに、モータースポーツの世界だと格段に壁が厚いように思える。

資金的なものなのか、環境か、それとも運動能力なのか?
幼いころからモータースポーツに携われるのは、日本では非常に稀なケースで、富裕層でないと厳しいのが現実なのかもしれない。

サーキットも多くないし、モータースポーツは軽視されている面もあり、なかなかポピュラーなスポーツとしては定着しにくいのもあるのだろう。
例えば、車を乗り回すことに、あまり良いイメージをもたれないのが日本の現状だ。

夜中の峠を我が物顔のようにして走りまくる連中もいたり、改造車を公道で蛇行運転しながら走っている姿を目撃すれば、誰でもマイナスイメージを持つのは当たり前のことだ。
現に、日本のF1レーサーも、国内では、それほどメジャー扱いされていないのが全てを物語っている。

通勤が苦にならない?
労働時間を勤怠管理で適正化
従業員の勤務時間の掌握や有給の取得状況、サービス残業の実態など一元的に管理できるシステム
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«
»