親子ルック

最近よく見かけるようになったのが、ママと娘がペアルックをしている光景。

んーちょっと考えていることがわからないのですが、一度、どういう意図なのか聞いてみたいものですよね。

「親子ルック」と呼ぶみたいなんだけど、これが本当に可愛らしくて、あーよくできたお母さんだな、という印象を持つものと、明らかに自分の趣味のものを無理やり着せていて、とても可哀想な印象を持つものとあるんです。

雑誌を見ていてもそう思うのですが、キッズファッションの通販カタログを見ていても、変に大人ぶった子供服がとても多いんですね。

せっかく、今しかできないファッションがあるのだから、そういう服を着せてあげたいし、その中で、シンプルにテイストだけ同じ格好をしてみるとか、小物を揃えてみるとかで、親子ルックを楽しみたいと私は思うんです。

娘の服を買う時は、その服やモデルだけを見て買うのではなく、とにかく娘の今の状態や生活を考えて買うようにしています。
子どものファッション性なんて、結局は親のエゴですから。

以前、テレビ番組で若いママが息子をジャニーズ事務所に所属させるために、英才教育を施しているとして紹介されていましたが、これが実に酷かったのです。
完全に、親の一人歩きなんです。

母親は知性すら感じられなかった、単なるギャルママでした。
ところで、ギャルママってやっぱり仕掛けた人の独り勝ちでしたね。
流行は作った人が勝ちますし、それに乗せられてる人は・・・言わないでおきましょう。

ダイビングシーズン
石垣島はダイビングシーズン
夏真っ盛りの季節はダイビングシーズンで観光客やファンダイビングで大賑わい
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»