外見と内面を磨く

今でも賛否両論ある「ミス・コンテスト」ですが、日本のミスコンと海外、特に米国の有名ミスコンとでは、大きな違いがあるようです。

女性を男性が評価する、というのは、日本では卑しいことと捉えられていますが、ミスコンには賛成ですか?反対ですか?

ミスコンテンストの審査基準は、一見すると曖昧ですが、確かに明確な基準は無いのかも知れません。
「容姿端麗」と言われても、人それぞれにイメージは異なりますからね。

では、ミス・コンテストが無くならないのは、一体、なぜなのでしょうか。
女性は美しさを求めるからですか?
どうも違うような気もします。

極端な例ですが、美容整形などで外見を変えることが、現代ではそれほど後ろめたいことでは無くなりつつあります。
某国では、女性のほとんどが美容整形に対して、何の抵抗も無いというスタンスだそうです。

しかし、外見を変えたところで、いつかは内面を見られる日が来ますので、心の面も変えなくてはなりません。
ですが、この心を変えることが、一番難しいことなのではないでしょうか。
何十年も変わらなかった内面を劇的に変えることは、とんでもないきっかけが無い限りは難しいものです。

ミス・コンテストは、女性が良い方向に変わることを支援するシステムと考えると、頭ごなしの否定は考え物なのかもしれません。
エントリーしている女性は内面的には肉食系なのでしょうね。

これらのイベントは男性が審査員であることがほとんどで、それも女性への卑しい視線と受け止められるようではありますが、女性が女性を見ると、嫉妬という感情が芽生えて公正な審査に支障をきたすという考え方も?

真相はわかりませんが、ミス候補の女性は、来る日も来る日も自分を磨き上げるための努力を惜しまないのは、立派の一言ですね。

«