プロバイダ提供のサーバーのメリットとデメリット

インターネット上にホームページを作成するためには、最初にhtmlファイルをwwwサーバーにアップロードしなければなりません。
自宅のパソコンのローカルディスク内にホームページのデータを保存していてもそのパソコンでしか見ることができません。

wwwサーバーにはいくつかの種類がありますが、一番簡単で初心者でも使いやすいのが契約しているプロバイダが無料で提供しているサーバーです。
自分が契約しているプロバイダのホームページから簡単な手続きをするだけで利用することができます。

ただし無料サーバーの場合、プロバイダがドメインを割り振ってきますので自分で好きなURLを選ぶことができないことと、容量が少ないこと、更には高度なシステムが使えない等のデメリットがあります。
自由にカスタマイズしたい場合はレンタルサーバーを利用しましょう。

また、日常生活に私たちが接触した広告は少なくないでしょう。
ドラマを見るときにも、番組を見るときにも、広告はいつも放送されます。

一日の時間で計算したら、テレビで放送した広告の時間は普通のドラマや番組の時間と同じぐらいでしょう。
広告を見ると、視聴者に芸術的な楽しみを感じる場合もありますが、いやな感じをしてしまう場合もあります。

新聞を見ると、ニュースのほか新聞紙の真ん中の縫い目にも広告が見られます。
インタネットは資料やデータの海と考えられるために、もちろん広告も欠けないでしょう。
インタネットの広告は文字だけの形もあるし、映像の形もあります。

確かにネット利用者に視覚的な楽しみを与える広告もありますが、偽広告の量も多いそうです。

«
»