リスクは付きもの

私の近所の方がお勤めされていた会社が倒産しました。
会社の会長さんも人柄の良い方で、いつも向こうから挨拶をして下さいますし、お忙しいのにボランティア活動にも積極的に参加されていました。

本当に頭の低い方でした。
息子さんが2年前に後を継ぎ、経営のやり方もかわったようです。
従業員に退職金を払える状態での倒産でしたから、詳しい実情はわかりませんが、最悪な倒産ではない印象を受けました。

倒産の事も社員には知らせてあったようで、私のご近所の方も転職先も決まっているそうです。
会長さんが同業者へ紹介して下さったと伺いました。

その話を聞き、ますます倒産された事が気の毒になりました。
人生何が起こるかわかりませんが、そんな時でも責任をきちんと果たした会長さんのお人柄がうかがえるような出来事でした。

しかし、こういう人は再び立ち上がるものです。
ウェブサイトにも、そのような決意が書かれてありましたので、ちょっとだけ希望を持ってみたいと思います。

さて、ウェブサイトの話が出ましたが、作ったままで更新もせずに放置しているビジネスサイトを見て、印象が変わったというユーザーは多いものです。
今のインターネットユーザーは非常に熱心にウェブサイトを見ています。

比較検討は当たり前、実に細かいところまでチェックしているのです。
ビギナーでも隅々まで見るのですから、アクセス解析ツールを導入すると、商機も見えてくることでしょう。

肉がおいしい
高レベルの衛生管理の食肉卸
安全な品質の食肉を提供する食品の取り扱いに関する管理システムを運用
meat-kimura.co.jp/

«
»