社会的に完全に良好な状態

身体と精神の健康はよく耳にしますが、それ以外、社会的に完全に良好な状態も健康を評価する一方面です。
ここに提出した「社会的に完全に良好な状態」について、好きな仕事をし、また、まわりの人間関係もしっくりする、この2つが非常に重要だと思います。

この2つができるようになれば、自分の成長にもつながると思います。
まず仕事について、仕事をよくできるために、仕事についての知識を習わなければなりません。
頑張るしかありません。

社会は毎日進んでいて、適応するためにいつまでも勉強すべきでしょう。
もう一つは人間関係。
まわりの人と良く付き合うことも学問だと思います。

人によって考え方や習慣が違います。
他人を変えられなかったら、自分を変えて、人並みになって社会を適応してください。
そうすれば、自分もその変化から満足を感じられると思います。

一方では、自分を無理して変える必要はないという意見もあります。
調整型の気質の人ならば、自分を変えようと努力するでしょうが、自己主張の強いタイプは、それが許されません。

基本気質に逆らってまで、自分を変えることに、メリットを感じられない場合は、それがストレスとなって健康を阻害します。
そうなってしまうと、生活自体が行き詰ることもあるので、自然体が良いのではないでしょうか。
人付き合いもストレスの発信源なのです。

組織内でもコミュニケーション上手な人と下手な人がいると思いますが、それぞれの個性ということで、認める社会が理想的なのではないでしょうか。

«
»