坐骨神経痛の原因

若い時から腰痛持ちの私ですが、最近は腰というよりお尻が痛い。
ひょっとして座りすぎ?と思って運動するようにしていますが、あまり改善していません。

痛いのはお尻だけでなく脚もなんだか痛いような気がする、と何気なく友人に話すと、それは坐骨神経痛だよと言われました。
お尻から脚の裏側を通って足先まで続いている神経があって、それが痛んでいるのではということでした。

確かに一本つながっているかのように痛みがあるので、坐骨神経痛とはどんなもんかとインターネットで調べてみたところ、坐骨神経痛の原因になる病気として、腰部脊柱管狭窄症だの、腰椎椎間板ヘルニアだのなんだが重症そうな病名が次から次へとヒットして恐ろしくなってしまいました。

急に痛みが増してきた気がして、早速明日整形外科に行くことにしました。
整形外科は、どこも患者が多くて正直、問診等の短さなどのウワサも聞いており不信感はありました。
予感は的中です。

やや横柄な若い外科医は、やる気の無さそうな態度と表情で、のんびりと診察し始めました。
結局、診断も納得のいくものではなかったので、転院を心に決めて、待合室で待機してくれた旦那に事の成り行きを話しました。
たまたま診察室から出てきた、その若い外科医に、何を思ったのかウチの旦那は名前を呼び捨てで彼を引き留めたのです。

待合室が一瞬静まり返りました。
次の瞬間、外科医の顔が青ざめるのがわかったのですが、ウチの旦那の教え子だったのです。

»